オサダグループ
新卒採用2020

新卒採用2020

ENTRY

会社を知る

オサダの原点と理念

オサダグループの原点

「日本の風土と日本人の体格・好みに合ったものを」

オサダグループの前身である「長田電機製作所」は1935年に創設しました。
現在の本社と同じ位置。旧・東京都品川区西大崎に約25坪の工場を新築し、12台の工作機械、総人数わずか8名の陣容でありました。人員も順調に増加し、素材、メッキ、塗装以外は一切外注せず、治工具(プレスの型など)から自家製で始めました。当時の町工場としては画期的なスタイルである設計、製造、販売に至る完全な一貫作業でした。

当時の歯科医療用電気機械は外国製品に依存しておりましたが、日本の環境(高温・多湿)に合わず、電気系統の故障が多くありました。
そこで、資材の改善を行うことで日本の環境や日本人の体格に合う「サクセス」を開発。外国製品にはない耐久性を発揮しました。当時、国産電気エンジンも約10種類の銘柄があり、競争が激しかったが、発売当時150円(現在の約30万円)と他の国産電気エンジンよりも2割高であるにもかかわらず、その性能が評判となりました。

私たちは技術革新と培ってきた技術の継承を大切にして、これからも人々の健康と幸せづくりを行っていきます。

企業理念

オサダグループは医療分野の発展とすべてのお客様の健康と幸せへの貢献を医療機器製造から考え、活動してまいりました。その活動は今や医療機器分野を超えてさらなる発展を目指しています。
お客様の感動を大切にし、お客様と社員の幸せを第一に考え、未来への扉を開いていくためにオサダグループは3つの使命を大切にしています。

1、我社は良心経営に徹します。医療機商品を中心として、生命健康科学分野で人々の健康と幸せづくりになくてはならない企業であり続けます。

2、我社はお客様の繁栄を創造します。お客様に信頼される正しい姿勢と感謝の心で奉仕し、輝きながら社会に貢献する企業であり続けます。

3、我社は我社を支えて下さる人々の幸せを増大します。オサダの社員である誇りを持ち、働く楽しみを味わい、常に夢と感動のある企業であり続けます。

私たちオサダグループは3つの使命を果たし、医療分野の発展とすべてのお客様の健康と幸せから社会に貢献する企業であり続けます。