オサダグループ
新卒採用2020

新卒採用2020

ENTRY

社員を知る

先輩社員インタビュー

人が必要とする製品を
かたちにする喜び
ものづくりの魅力がここに

2016年入社 生産

歯科治療時の切開や止血、血液凝固などに使う歯科用レーザ装置の製造を担当しています。製造部門では1人の社員が、部品の管理から組み立て、検査、出荷まですべての工程を責任を持って実施します。作業のほとんどは手作業で、部品の一つひとつを丁寧に組み立て、最終的な検査も自分たちで行うため、製品に対して責任を負いますが、その分、ものづくりの喜びを感じることもできます。

ただ単に毎回同じ作業を繰り返すわけではなく、改善の余地があるところはどんどん改善提案もしていきます。長田電機工業では「屋台生産」という1人で1つの製品を担当して製造する手法を採っていますが、自分の工夫によって最小限の動作で製造できる環境に改善できたときなどには、大きな達成感を感じることができました。

なんでも言い合える風通しの良さ

オサダは、個人の意見が大変通りやすい会社だと思います。提案をすると「まず、やってみよう」となり、かたちにして「これならいいね」と受け入れてもらえる場合が多くあります。同僚の人たちとも仲が良くて、自分の改善提案を勧めたり、逆に勧められたり、なんでも言い合えるような風通しの良い環境といえます。また、オサダに入ってわかったことは、お客様が必要としていることが工場に伝わるのが非常に速いこと。だからこそ、生産工場で改善サイクルを高速に回せるのだと知りました。

ものづくりを目指す人を魅了する会社

今後は、東京工場や名古屋工場で作っている製品の知識も身に付けていきたいと考えています。さらに、会社全体の仕組みを理解しながら、さまざまな製品をまとめていけるようになりたいとも思っています。そのためには、お客様のところに訪問して多くの情報を集めるなど、できるだけ外に出て、いろいろなことを知ることが大切になります。

オサダは、自分で製品を一からかたちにして、それをお客様に使ってもらえるという、ものづくりを目指す人にとってはとても魅力のある会社です。特にその製品が医療機器という、人が必要としているものなので、大きなやりがいを感じることができます。こんな魅力的な会社で、一緒に仕事をしてみませんか?